« アイコンタクトで負けている(その1)(A.) | トップページ | 話し振りから内容へ(A.) »

アイコンタクトで負けている(その2)(A.)

(その1)で海江田さんのことで「下を見ないで上を見て」と書きましたが、今朝の写真では
上を見ていますが、顎が上がって上を向いておられるので、その分目線が下を向いている様に見えていたのですね。

眼力がなく、自信なさげに見えてしまっている原因の一つだと思います。
両サイドの方々が毅然とした態度に見えますね

総理になられるか、なられないか分かりませんが、誰かアドバイスをしてあげれば・・・・・・・

Photo

 

 私も顎が上がりぎみなので、注意をしなければ!!」 

 

 

 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     ★「コメント」は、下へスクロール  

« アイコンタクトで負けている(その1)(A.) | トップページ | 話し振りから内容へ(A.) »

1.コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1214592/41392594

この記事へのトラックバック一覧です: アイコンタクトで負けている(その2)(A.):

« アイコンタクトで負けている(その1)(A.) | トップページ | 話し振りから内容へ(A.) »