« ◎「コトバノチカラ」 (M.K.) | トップページ | ◎一通のメール(三寒四温) »

◎相手の控えめな話法で素直になれた私(一期一会)

 ほろ酔いかげんで夜遅く帰宅した。留守電が入っていた。

 「こちら銀座の○○です。本日の予約ですが、私どもで予約日の記録を間違えた
 ようで確認のお電話させて頂きました」とのメッセージ。
 思わず「しまった」と反省。すぐ電話をし「急用が入ったため、キャンセルの
 連絡もしなくて申し訳ありません」と告げると、
 「そうですか、こちらが予約日を間違えたのではないかと思いまして」と
 再度言われ申し訳ない気持ちでいっぱいになった。

 でも今思うに相手は私のダブル・ブッキング(重複予約)をお見通しだったと
 思う。神様今後はこのような事をしないよう十分気をつけます!

  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
     ★「コメント」は、下へスクロール  
  

 
 

« ◎「コトバノチカラ」 (M.K.) | トップページ | ◎一通のメール(三寒四温) »

1.コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◎相手の控えめな話法で素直になれた私(一期一会):

« ◎「コトバノチカラ」 (M.K.) | トップページ | ◎一通のメール(三寒四温) »