« ◎虫と私 その2- クモ -(T.H.)   | トップページ | ◎一言の贈り物(一期一会) »

◎「コーヒーの湯気の向こうに」(相沢)

 最近は、乗り換えの駅にあるコーヒーショップで、パンとコーヒーの朝食
タイムをとるようになりました。
 ある日のこと、いつものように、
  「あと、ホットコーヒーを。」とオーダーすると、
  「はい。ホットですね。」と店員さん。

 あれ?いつものが無い・・・
 いつも必ず、「お砂糖とミルクはご利用になりますか?」と聞かれるので、
 「ミルクだけ」と答えるタイミングが、肩透かしを食らったようになったのです。

 あ、この店員さんは聞いてくれないんだ・・・と思っているうちに、
 「お待たせいたしました」と店員さんの声。
 なんと、出てきたトレイには、ミルクが1つ、ちゃんとのっていたのです。

 あ、聞かれてないのに・・・と驚いた私は、
 「えっ?もしかして、覚えてらっしゃるんですか?ミルクだけって」と思わず
 口に出していました。

 店員さんは、にっこり笑って
  「はい、いつもご利用いただいていますので」と。
  「すごいですね。」という私に、
  「ありがとうございます」とまたまたにっこり。

 コーヒーの暖かさと一緒に味わった、何だかちょっと嬉しかった朝の出来事です。

« ◎虫と私 その2- クモ -(T.H.)   | トップページ | ◎一言の贈り物(一期一会) »

1.コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◎「コーヒーの湯気の向こうに」(相沢):

« ◎虫と私 その2- クモ -(T.H.)   | トップページ | ◎一言の贈り物(一期一会) »