« ◎可能性は誰にもある(黒岩)  | トップページ | ◎ 「わかりやすい説明に納得」(宇野)  »

◎「話すことの原点」(綱島) 

   人類が地球上に始めて出現したころのコミュニケーションに思いを巡らせます。
  身振り、手振りに始まり、表情、声、文字などにその手段は広がりました。
  それから時代は進み、文化、伝統、歴史が重なりました。
  今日、人類誕生の時代とどこが違うのでしょうか。
  そこにあるのは殺伐とした社会。
  読み違い、勘違い、説明不足が招く政治不信。
  自信を持って子供に接することの出来ない教師や親。
  消費者の声を聞けない企業経営者。
  あらゆる場面で人間本来のコミュニケーションの見直しが必要です。

   今、私たちはこの世の中から求められています。
  それぞれの環境の中で、身の回りに私たちが成すべきことが山積しています。
  それに気付くことからでも良いのです。
  私がすぐ出来きることは何か。
  朝、出社し、ビルに入ったらデスクに座るまで、すれ違う人には必ず
  『おはようございます!』と声を掛けることです。
  しかも、大きな声ではっきりと。

« ◎可能性は誰にもある(黒岩)  | トップページ | ◎ 「わかりやすい説明に納得」(宇野)  »

1.コミュニケーション」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ◎「話すことの原点」(綱島) :

« ◎可能性は誰にもある(黒岩)  | トップページ | ◎ 「わかりやすい説明に納得」(宇野)  »